スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

楽しく生きるために他人とのdisを感じよう

私はこんな風に思ってます。あなたはどうですか? いつも感想中

私、全然公平になれません。「正確な分析」なんて夢のまた夢です。単純な数学的な間違いについては「ゴメン! 間違った!」と言えますが、自分の価値軸からは逃れられそうになく、いつだって自分にとってだけ正しい事しかありません。だから間違っても公平じゃありません。だから・・・


便宜的に2つに分けると、本読みには「とにかく作品を全肯定でいく」タイプと「自分価値観重視でいく」タイプがいるように思う。前者は淀川長治的に作品の良いところを感じる見方を模索し、自分が変化(成長)していこうとするスタンス。この記事で言及されてるErlkonigさんはこのスタンスだと思う。このタイプの根底にあるのは“作品”というものに対する尊敬の気持ちだろう。この人たちはおそらく、「それが一見どんなにつまらなくとも、“作品”として作者からアウトされたものである以上、その後ろには作者がいる。どんなに陳腐に見えても、どんなに失敗しているように見えても、それは“表現”の問題であって、その表現をとるに至った作者の葛藤がある。その“人間”は面白い」と考えているんだろう。きっとこの人たちは生みの苦しみを知っている。

一方、「自分重視」の後者はこれに対して“待ち”のスタンスだと思う。
この人たちは“表現”とか“作者”とかは意識になくて、ただ「自分の心に響くかどうか」を見ている。例えるなら「塔に捕われたお姫様が、王子様が助けに来るのを待つような心境」で、自分の心に届く本を待っている、というか(微妙)。だから本読みのときに“価値観”というのが気になる。
hobo_kingさんはこのスタンスだと思う。僕もこっちだ。
ただ、前者から後者を見ると、閉じていて、「作品へのリスペクトが足らん」ということになる。それはもっともだと思う。

でも、後者の立場から言い訳させてもらえば、「作品を全肯定する」見方は…すごく疲れる。作品に出会うたびに「凝り固まった自分の価値観を“脱臼”し、新たな自分を発見する」見方は、とても建設的で、きっとすごく自分を成長させてくれるだろうと思うけど、でもきっと足元がグラついてくたくたになってしまうと思う。
正直もういい歳なので、「本読むたびにいちいち日和ってらんない」というのが本音。別に修行するために本を読んでるわけじゃないので。というかそれは楽しくない。
若い頃とか何か困難にぶつかった時には、そういう本で価値観をぶっ壊してもらうのもいいとは思うけど。(24で「歳」とか言ったら怒られそうだけどw)
むしろ癒しを求めて本を読んでいる、というのが現状。だから僕はちゃんと見てないけど、『らき☆すた』とかが流行るのもわからなくない。

で、hobo_kingさんのエントリに戻るけど、僕がこの記事読んで思ったのは「結局、なんでブログを書くんだろ?」ということ。これは最近よく思う。真っ当に「ああ面白かった!」と叫んだり、逆にkanoseさんの言うように「あれつまんないよね」と落としあう楽しみもそうだと思うけど、もっと根っこの部分。

関連記事:欲しいのは「陰口で繋がる自由」 ARTIFACT ―人工事実―

たぶん僕は楽しむために“抜いて”、本を読んでる。本質的に理解せずに、わざと好きとか嫌いのレベルで話をしてる。そしてそれを無責任にブログに書く。きっとそれが一番楽しいとどこかで知ってるからだ。昔に比べて今はとてもいい時代だと思う。マイナーな趣味でもその話を聞いてくれて、罵り合って盛り上がれる人たちに会えるんだから。ホントに本を読んでいて僕が楽しいのは、実はその本の外で展開される“祭り”的状況、もっと言えば「知らない誰かとの交流」の方であることは確実だ。「刹那的」と言われても、それは2ちゃんねらーだって分かってやってるでしょ。現実に影響しないから、いいんだ。(とあえて断言)
“正しい”分析?“公平”な評価?そんなん知るか。こちとら直感で生きている。

hobo_kingさんは直感だろうけど、なんでだろ、そんな偏ってる気はしないな。
自分で言うほどバランス感覚は悪くないんじゃないかと、うん。
(僕が狂ってるのは折り込み済みでw)
  1. 2007/09/18(火) 17:40:33|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/98-88aa2edd

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。