スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

『秋葉原いちまんちゃんねる』 絶望を抱えた萌えマンガ

秋葉原いちまんちゃんねる秋葉原いちまんちゃんねる
(2004/12/25)
宮下 未紀

商品詳細を見る

ご本人のサイトで、お気に入りに挙げられてたので買いました。
(正確に言うとこの本収録の『同世代の少女達へ』だそうです)
表題作を含む短編集。

関連サイト:共月亭 (宮下未紀さんのサイト)

彼女の描くマンガ(特にオリジナル)には、何ともいえない芳しいニヒリズムが漂っています。スノッブというかアイロニカルというか…
例えるなら、う~ん…爆笑問題…を、笑えなくした感じ?www
どこかモラルがぶっ飛んでるんですよ。(笑)
この傾向は同人女性作家の特徴だと僕は思うんだけど。(Digital Loverとか)

で、この本ではどうかというと、「夢を持っているヤツの方が歪んでて、怠惰に過ごしてるヤツの方が真っ当だ」というこの皮肉な世界観に表れている。あとがきを読んで納得したけど、それはそのまま、作者本人の意識に直結してるんだと思う。
この人には、他人に伝えたい話なんてたぶん無いんですよ。そもそも根本的に「物語」というものを信じてない感がある。それってきわめて真っ当な「一般人」の感覚ですよね。
この人はあくまで読者の感覚でただ好きな“イラスト”を描いてたら、プロになっちゃった人なんだと思う。(ぶっちゃけ同人の方が面白いし)

だからある意味、この人の描く女の子の内面はオタク好みに歪んではいなくて、すごく現実的です。甘く整った絵柄に騙されると怪我をする。
正直それは気分のいいものではなくて、はっきり言って笑えないんだけど…、でも何となく気にせずにいられないマンガになるんですよね。
イワえもんはそこまで分かっててプッシュしてたんだろうか…?

ただやっぱ、『同世代の少女達へ』はちょっと違う気がした。お気に入りなのわかるわ。


Tag:宮下未紀秋葉原いちまんちゃんねる
  1. 2007/09/15(土) 14:22:47|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/95-c9457549

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。