スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

新海さんと握手したYO

dvd

サインももらいました。イェイ!

新海誠さんについての詳細はこのエントリで。
というわけで、学芸大でおこなわれた講演会に参加してきたのです。講演といっても独り言以外の何かさんやなつみかん@はてなさんがまとめている前回の「あさかぜラジオ」とは違って、今回は大学での講演ということで学生の参考になるよう、新海さんが大学を卒業してからの人生の変遷を、作品と絡めながら、「そのときどんなことを考えていたのか」という観点で振り返るという内容だったので、レポート書こうにも特にヤバいネタバレの心配も無く、とても安全です。(笑)

関連記事:明治大学アニメ・声優研究会主催イベント'07 「あさかぜラジオin赤羽」 レポ 独り言以外の何か
関連記事:新海誠×酒井伸和「あさかぜラジオin赤羽」 なつみかん@はてな

生で本人を見るのは初めてだったんだけど、DVDのインタビュー以上に「誠実そうな人だなぁ」という印象が強かったです。作品の纏っている空気そのものでした。やっぱり彼の作品は、彼の自意識がしっかり反映されたものだったんだと納得。
もし「秒速5センチメートル」を観て説明不足だと思った人は、新海さん本人に会いに行けばいいと思うよ。いやマジでw*

聞いてて思ったんだけど、ちょうど歳が僕の10コ上なんですよね。浪人してるのも同じ。ただ改めてそう考えると、たった10年のキャリアなのにこの位置にいる、というのに愕然としてしまった…。社会に出て3年目に「彼女と彼女の猫」を完成させ、4年目に賞を受賞。会社を退社して、6年目に「ほしのこえ」で一気にブレイク。8年目に「雲のむこう、約束の場所」、そして11年目の今年、4作目の「秒速5センチメートル」をリリース…。ペース的にはまあこんなもんかと思う。でも、その割にこの凄まじい飛躍感は何なんだろう――?僕がいま社会人1年目(ニートだけどw)として、3年で映像作品1本、6年目にブレイク…できるか?なんかどうしてもそんな自分は想像出来ない...orz

高すぎる目標はやる気を挫く、と言うけど、作品数に関しては僕は漫画だし、越えられるだろう(越えなきゃマズイ)と思う。ただ、今日の新海さんの
「あまり決め付けないでいろいろやってみたら」
という話はすごく励みになったので、漫画に拘らず色々な表現にもチャレンジしてみたい。特に映像の敷居はどんどん低くなって来ているのだし。

というわけで、尊敬するクリエイターに触れてやる気を補充しよう、という僕の目論みは大成功したわけです。マル。


以下印象的だったことば(要約)

「『秒速』に関しては他人の批判は吹っ切った」
「“新海節”は消せないのでしょうがない」
「『映像は絵で語るべき』というのは分からない。音声も含めて映像作品だから、声で魅せてもいい」
「クセは出してもいいと思う。作家性のあるアニメがあっていい」

絵や漫画を描いてて、「この常識はホントに常識かよ」と思うときがある。自分の表現したいものをしっかり見据えて、殻を破りたい。

「“自分”と向き合うアニメ制作が好き。実写は“共同作業”という感じ」
「淋しさなり孤独なりを抱えた人のために。過去の自分に向けて」

だから僕たちの心に届くんです。

「作品に“折り合い”をつけたことがない」
「僕みたいにのんびりでも、仕組みさえ作ればやっていける。ぜひやってみてほしい」

トロい僕にはすごく励みになります...。


*:もちろんそれが正しい作品理解でないのは重々承知してますが。でもなんか…すごく安心しますよ(笑)

OLYMPUS E-500

Theme:秒速5センチメートル
Genre:映画
Tag:新海誠
  1. 2007/07/28(土) 21:44:07|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/64-59e8fb94

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。