スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

「ニートの潜在力」って誰か持ってるひといますか?

思わず(ry
関連記事:ニートの潜在力――仕事は芸術:中沢新一。 ももち ど ぶろぐ

↑要するにここでいう「ニートの潜在力」って、僕が日ごろさんざんボヤいてる「会社はおかしい!」っていうエクスキューズ(言い訳)のことですよね。それを御柱に「仕事にやりがいを取り戻そう」っていうのがこの連載の主旨なのかな。雑誌を読んでないのでよく分からないけど。

つまり中沢新一は、ニートや引きこもりのがこれらのメンタリティをもっていて、それゆえに、これからの時代に、大切な可能性を秘めた存在ではないか、という。


“大切な可能性”と言ってくれるのはありがたいですが、僕が思うにその可能性はきっと今の世の中の役には立たない(=金にならない)ですね。その基準で測られることが嫌で逃げ出したんだものw きっと萌え絵描いたりニコ動にアイマスMADアップしたり、ゲームの車に神ペイントしたりするのがオチなんですよ。少なくとも僕の自意識はそういう方向にしか向いてないし。それでも“可能性”と言ってくれるなら喜びますけどw

中沢新一って「アースダイバー」の人だよね。なんか神秘主義者っぽくてうさん臭いから嫌いなんですけど(読んでないのに随分だな)。この記事の論展開も途中“超理論”ですよね。「自然」と「社会経済」を同一視したりして。「社会に情緒が失われている」という主旨には賛成ですけど。
ちなみに桃知さんはファンです。建設業再生のために頑張れ、脱談合!(笑)

つまり、好きなだけ内側にひきこもっていられるように、先手を打っておくことが重要なんだろうと思います。もっと戦略的に「ポジティブなひきこもり」であることがもとめられているんです。


まあ、私の経験からすれば、ポジティブになれないからこそ、ひきこもっている、としか思えないのだが……・。



一応ポジティブなつもりですが、当然誰も積極的には肯定してくれないので言い切れないですよね…むしろ“戦略的失敗”かも知れず...orz

で、桃知さんのいつものキメ台詞。

そしてそれは、我々の戦略とたいしてかわらないものであることもじじつだ。

とりあえずはこの巨大な動きの中で流れて、それ以上のスピードで流れていくことで独自性を保っていくことが一つの方法になるかもしれない。(川俣正:『アートレス―マイノリティとしての現代美術』:p45)


自分なりの考えをもって、できる限り自分のやりたいようにやることにしていますが、それが客観的に見てどのくらいのスピードを持っているのかはよく分かんないです。正直そこまでネットを信用出来ないですよね...。反体制の足場くらいにはなってほしいと思うんですが。(ヤバイ意味ではなく)

とりあえず普通の人よりは時間あるんで、マメに書いて独自性は発信していこうかな、と…。
  1. 2007/07/18(水) 20:18:36|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/58-cda86caa

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。