スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

最後のストーリー

kani

若いころは与えられたストーリーにハマって夢中になれるが、しだいにその出来の悪さや価値観が気になって集中できなくなり、しまいには現実離れしすぎて役立たずになり、雑誌(現実的な虚構の提示)に客をとられて読まれなくなる。

問題は感情移入できるかである。従って年齢が上がるほど舞台の設定はリアリティを増すために現実に近くなる。しかし反面ファンタジーとしての意味そのものが希薄になり非現実の体験という、物語の存在意義自体を失ってやはり客は逃げてゆく。

結論。オタクというのは、物語を「作品」として突き放して評価し、それ自体を楽しみとすることで幼児趣味に踏み止まった人々だとは言えないだろうか。


OLYMPUS E-500
  1. 2007/07/08(日) 23:20:12|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/47-a3e7fce9

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。