スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

「『ニート』って言うな!」 本田由紀は僕らの神、僕らは社会の癌ワクチン

仏陀にせよイエスにせよ天皇にせよ、そして人間の尊厳にせよ、役に立つことによってのみ計られるものであればそれはもはや「かけがえのない」ものではありません。 (内藤朝雄)


「ニート」って言うな! 「ニート」って言うな!
本田 由紀、内藤 朝雄 他 (2006/01/17)
光文社

この商品の詳細を見る

ニート論で先行する玄田有史、小杉礼子、斉藤環らへのカウンター的色合いの強い本です。僕はこの3者の本を読んでいませんが、本書の引用やネットで調べるかぎり、いわゆる「ニート=ひきこもり、社会的弱者」という現在の社会認識を形作った書籍群のようです。これに対しこの本は、
「実際のニートの多くはフリーターに近い層である」
として、焦点を雇用問題に置いています。

印象としては、ニートを“ネタ”として感情的(メンタル)に扱う前者と、雇用問題としてフィジカルに扱うこの本、という感じを受けます。

しかし、読み終えてみて思ったのですが、結局のところ、この両者の主張は“根”の部分で同じなのではないか。ただ、玄田有史はニートの中でもひきこもりを対象としていて(というよりそれしか見えてなくて)、本田由紀は休職フリーターを対象としていたので、当然対処が変わってくるということなのではないでしょうか。彼女の玄田に対する批判は、要するに書き口、切り口の違いであって、言葉の使い方の問題ですべて解決できるものだと思います。本田は玄田との主張の違いを明確にするために、ニートを細かく分類してみせましたが、それによってメンタルとフィジカルを切り離し、様々で多元的要因からなるひとりの「ニート」という存在を解体して、問題を雇用問題に単純化してしまいました。たしかにそれは分かりやすいのですが、しかし本質からズレているという意味では同じではないか。現実にはメンタルな悩みを抱えて、「もう辞めたい」と思いながら必死で働いているフリーターもいるだろうし、片や家に篭もって「世の中おかしい!」と喚いている偉そうなニート(僕です…)もいるのです。そういう意味で、ニートとフリーターの間に垣根は無いし、あるいは無職と正社員の間にも大した壁は無いと言える。その意味でニート問題とは、本質的に00年代の若者圏全般に蔓延する世代問題なのだと思います。
(とはいえ、分類しないと話も出来ないですね。これは僕のわがままです)

ただ、“人柄”というか、論理の展開としてはこの本の方が好きです。

学校を離れた時点で正社員の仕事に就けなかった人の中で、その後に正社員に移ることができた人は、30歳近くになっても約1割にすぎません。

これまでは個々人が甲羅を着なくても、企業という組織自体が甲羅代わりの機能を果たしていました。しかしそうした企業のパターナリスティックな態度が、状況によっては冷酷な態度へと一変しうることを、私たちはすでに90年代に目撃してしまいました。それ以後の個人は、たとえ小さなか弱い甲羅であっても、個人としての甲羅を装備してゆく必要性を実感しているはずです。

「教育の職業的意義」を欠いたこれまでの「学校経由の就職」では、甲羅を持たず柔らかい生身のかただを剥き出しにしている蟹のような若者を学校がどんどん企業に送り出し、そして柔らかい若者たちを企業が粘土みたいにこねあげてその企業向きの人材に形づくっていく、というパターンが大勢でした。 (本田由紀)


これは実感として僕も感じています。学校で教わることと企業の実情は著しく乖離しています。さんざん企業の悪い面を見てきたのに、なす術も無く企業に洗脳されてたまるか、と思ってしまいます。
(あるいはこれは、アカデミックVSエコノミックの対立なのかも知れませんが)

この本の主張には、必ずしも社会の方が正しいとは限らないのではないか、という批判的、自省的な視点がしっかりと存在しています。その視点はニートをただの鬱憤のはけ口としては見ていないという証であり、とても嬉しく思います。

ニート騒ぎは、いつのまにか労働と教育を「人間の条件」とみなすような世論が拡大した可能性を示唆しています。そして油断していると、この条件を満たさない人たちが、いわば「プチ人間以下」と見なされて、個人の尊厳を奪われ、脱人間化されるところまで、日本社会が転がり落ちていく可能性があります。

われわれは長らく、正社員として人格を明け渡して「社畜」状態で安定するか、「フリーター」として貧困で不安定な生活をするかという二者択一を強いられてきました。しかし、ニート現象を心がけや生活態度の問題としてではなく、労働分配問題として捉えなおせば、日本社会の働き方を根本から問い直すチャンスになるはずです。 (内藤朝雄)


内藤はニートに対する「投影同一化」という側面についても言及しています。これは「自分の中の不気味なものを他者に投影し、自分の鏡としての他者を操作することによって、自分の中の不気味なものを消そうとする」作用のことです。これは社会全体が日常的な不全感、「ヒポコンデリー(心気症)」に苛まれていることを示唆しています。みんな「疲れた…」と思いながら、それを見ないようにしているのです。

玄田有史らの主張は、ニートに対し「親が介入せよ」だそうですが、この主張はこうした現状に対し、危険だと思います。ニート問題の裏にあるのは歪んだ社会状況や拝金主義の台頭、コミュニケーション至上主義であって、その歪んだ社会状況に目をつぶって、ただ「世の中に合わせろ」「とにかく働け」というのは暴力でしかないと思う。
親にまで歪んだ社会の手先になられてガミガミ言われては、本当にもう死ぬしかない人もいるのではないでしょうか。

逆に、自分たちの価値観を、自分たちが生きた時代状況と関連づけて相対化することこそが、むしろ実効的なのだ。自分がそういう価値観を抱いた時代の気分や社会背景を説明したうえで、「お前たちの生きる時代は、かつてあったものが壊れている。壊れることは良くないと思うが、仕方がない。そんな時代に、お前が私と同じ価値観を素朴に抱いていては、とんでもない目に遭うだろう」と言う必要がある。 (「まほろしの郊外」 宮台真司/朝日新聞社)


こんな世の中で自分はどうやって生きるかを決めるのはあくまで自分自身であって、その結果子供がニートを選んだときに、それを認めて養ってやるかを決めるのはあくまで家族の問題である、と僕は思います。
(ちなみに僕は養ってもらってない。ジリ貧の自立ニートですw)

われわれが社会を「ひとつの透明なコスモス」として考える限りは、他者が他者であるかぎり存在する不気味なものから、コスモスを防衛し続けることが必要になります。透明な社会は、他者が他者であることを尊重しない社会です。 (内藤朝雄)


最後に。僕は自分を「『ニート』って言うな!」とは思ってません。言い方は悪いですが、半分“ネタ”みたいなところもあったし、むしろこのニートっていう立場を利用してやろうと思います。言いたかったんです。
「お前らセカセカ働いてるけど、ぜんぜん大したことしてないじゃないか!」

と。まぁたぶん失敗なんですけどね…。人生ネタですw
  1. 2007/07/08(日) 16:45:50|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/46-6ee04d05

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。