スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

『ゲーム的リアリズムの誕生』 「現実」なんて存在しない!島宇宙の全面化をねらう本

ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)
(2007/03/16)
東 浩紀

商品詳細を見る

『ゲーム的リアリズムの誕生』をだいたい読み込んだと思うので、いままで言及したエントリのリンクをまとめてこの本のレビューということにします。評論系の本はこのほうがやりやすいや。

関連記事:616日目 あなたとは人種が違うから、言葉が通じないよ。
関連記事:日本刀持った女子高生のリアル。
関連記事:奈須は環境分析が通じないってことでおk?
関連記事:最近の読者はリテラシーが高すぎてテンプレなら語る必要すらないよ、ということ
関連記事:662日目 ♪もうやめた~世界征服やめた~
関連記事:『ひぐらしのなく頃に解』 竜騎士07の物語観は計算過剰
関連記事:てきとうに書いたらエロオヤジが全能の神ということになってしまった。
関連記事:求められる物語像について2

全体的なまとめとしては、いまの小説を「自然主義文学」と「キャラクター小説」の2種類に分けてライトノベルや美少女ゲームの立場を擁護する内容になっているんですが、おそらく言外には「いまの世の中リアルな物語なんて存在しねえんだよ。文学(笑)、島宇宙万歳!」と言いたいんじゃないかと僕は思う。ようするに「自然主義文学」は現実をリアルに写生していて、「キャラクター小説」は漫画、アニメやゲームの文法に忠実――ということになってはいるけれども、はっきり言って今の時代何がリアルか?なんてことは誰にも言えないわけですよ。
Galaxy01_20071212210754.gif
島宇宙化

趣味や価値観が多様化、生活や経済水準まで多様化してしまった現代では、あの人とこの人を比べて共通する現実感――なんてのは言えないわけで…、だから誰かにとってはリアルでも、誰かにとってはまったくリアルではないということが起こりうる。たとえば非モテとリア充では生きてる世界が違う(笑)。
だから自然主義文学が掲げる“リアリティ”っていうのも単に趣味の問題になってくる。殺人とかセックスとかレイプとかが描かれるのも、単に「あなたは“そういうの”が好きなんだよね、殺人とセックスとレイプまみれの現実を生きてるんだよねw」で終わってしまう。
そして逆にいえばキャラクター小説だって十分リアルになり得るんだよね、だってオタクなヤツは漫画やアニメを観ることに人生の大半を費やしてんだからw 空しいけど。

そしてこのような状況に至って、東は環境分析の重要性を訴える。ようするにもう物語なんて島宇宙内の妄想で中身なんか無いから、そんなん無視して背景にある状況分析だけやってようぜ、そのほうが世の中の役に立つって!ということなんだろう。
まあそれはアリだなとは思う。

――僕も物語の中身自体にはもうあまり興味がないんだけど、ただ僕はもっとミクロのレベルで物語にはまだ役目があると思うんだよね。たとえば非モテをリア充に導く教科書としてだったり、自殺志願者を思い留まらせる精神安定剤としてだったりね。
個人的にはそういう話を描いていきたい。
  1. 2009/02/04(水) 18:32:08|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/299-dc2ee943

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。