スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

『東方儚月抄』単行本は“中巻”がある!らしい。

ソースは2ちゃんです。住吉三神に対応してるとか。
なんか1000円もして高いな~と思ったら神主の音楽CD付だった罠w

東方儚月抄 ?Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)東方儚月抄 ?Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)
(2008/04/09)
秋★枝
ZUN

商品詳細を見る

「“東方”初の本格ストーリーコミック」を標榜していて、東方シリーズの商業漫画としてはサイドストーリー的なものが他にいくつかありますが、初の「本編」ということになるようです。また同名で切り口の違う小説版、四コマ漫画版も存在します。
原作者のZUN(神主)がストーリーを担当し、漫画は東方同人で有名な秋★枝が担当。秋★枝はこの本が商業デビュー作だそう(ファンでした。おめでとうございます)。

あらすじは幻想郷のトリックスター、八雲紫が月の裏側に住む民との戦争を画策し、主人公である博麗霊夢や幻想郷の住人たちをそそのかして月を侵略する、というもの。言葉だけ聞くとやたらスケールのでかい話に聞こえますが、この作品世界の場合「異なる世界の対立」はそれを代表するキャラ同士の決闘(弾幕ごっこ)という図式に落とし込まれるので、ドラゴンボールやハリウッド映画のように大変なことにはならないはずです(笑)。やってることは変わらないんだろうけど、それをズらしてグダグダな漫才劇に仕立て上げるのがこのシリーズのウリといえます。

「月の裏側」はかつてゲーム『東方永夜抄』のボスキャラだった蓬莱山輝夜が逃げ出してきた世界であり、お話的に『儚月抄』は『永夜抄』の続きと考えてよさそう。古今東西のお伽話の二次創作である東方において、輝夜はもちろん『かぐや姫』がモチーフなわけですが、月世界関連の設定はほかにも日本神話のいくつかや中国神話などが下敷きになってるようです。僕は民俗学は詳しくないので、月の守護者である綿月姉妹なんかは完全に元ネタが分かりませんねw(『遠野物語』くらいしか読んだことないし)
いまのところ、「月からの逃亡者であり幻想郷の住人」という複雑な立場の輝夜たちは第3勢力という位置づけのよう。
おおまかには

幻想郷サイド(霊夢、魔理沙、レミリア&黒幕の紫)――月の守護者サイド(綿月姉妹)――永遠亭サイド(輝夜)

という構図で進んでいます。

物語としては、この上巻ではまだ各陣営の動きを伝えるだけに終わっていて、互いにぶつかり合うまで至っていません。ゲームでいうと丁度ここからシューティングパートがはじまる感じですね(笑)。
なので正直“漫画作品として”よく出来ているとは言い難く、説明的な会話が続いて主人公達の立ち絵が添えられるだけのいわゆる「立ちっぱ状態」になってしまっています。この状態は動きがなく、読者が退屈になるので漫画の基本的なセオリーからいえばアウトです(オレも持ち込み行くと死ぬほど言われる(泣))。
ですがこの作品の場合「東方シリーズのコミカライズである」という大前提があり、むしろこの見せ方はゲーム版の会話パートに酷似していて、ゲームの雰囲気をよく残しているといえる。漫画から東方に入るひとには敷居高いでしょうが、たとえば京極夏彦の小説があの分厚さとまわりくどい文章でなければ表現できないように、東方の漫画版として「これが絶対だ」とは思いませんが、アリだとは思いますね。そのための原作ZUN起用なのでしょうし。
あと画一的で凝り固まった漫画評価(だから売れねえんだよッ!)への反感も籠めて、この作品は擁護したいです(笑)

また一方、そういう事情もあって作画の魅力は十分に発揮されてないように感じる。同人板にいる連中ほど詳しくないけど、僕もこのひとの漫画の魅力は何気ない日常を少女漫画的に描く――要するに中身の無い話を描く――同人特有のキャラの掘り下げの上手さだと思ったので、1次創作として、キャラではなく話を転がしていかなきゃならない場面でうまくこなせるのかとか、漫画的に読んで面白くないのは神主のカタリのせいなのか秋★枝の不慣れさのせいなのかどっちなのかとか…、読んでからちょっと考えましたね。それにじゃあ魅力を発揮するからっていって二次設定(同人界隈で付加された設定)炸裂させて“霊マリカップリング”とかってのもどうかと思うしw
ってなんか超エラそうですけどオレ…orz

とりあえず、噂によると雑誌連載ではもう戦闘が始まっていて、秋★枝の絵もどんどんきれいになっているらしいので(もともとすごい上手い方なんです。やはり不慣れなんだと思う)、次巻に期待ということで。


余談。
第一話の絵がアナログスキャン特有の荒れ(線が太る)を起こしていますが、第二話以降解消してる。やはり同人と商業では勝手が違うんだろうか?
僕もわかんないんで教えてほしいw(←講習行け)
  1. 2008/06/27(金) 20:13:22|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/239-f412a153

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。