スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

善きフリーター、悪党ニート。

やれやれ――31歳フリー"ライター"、希望は戦争 高度資本主義社会の中で生きていくために

いやぁ、本当によく思うことではありますが(笑)、赤木さんはずるいんだよなぁー、印税儲かってるだろうしなぁー、今やウィキペディアに項目があるほどの有名人!そのくせ、「私は弱者です」って顔してるんだから。


いやぁ、それは思うけど僕も人のこと言えないんだよなw そういう戦略的なスタンスを「悪」とするなら、おそらく世の中で活躍してるほとんどのヤツはアウトだし(特にデザイナーとかディレクターとかのウ○コ!)、まあ僕は今んとこ社会から除け者にされてるから「死ね!」とかボロクソに言ってますけどw
…ただ一応、そういうスタンスも問題ありなのは自覚してる。


本当に「夢追いフリーター」は有効か?
たとえば世間で言われる「良いフリーター」に疑問があるんですよ。

悪いフリーターとは「目的もなしにやっているフリーター」であって、きちんと「目的があって」それになるための準備期間、または「やりたいことを見つける準備期間」としてやっているのは「良いフリーター」なのだ。
(速水健朗『自分探しが止まらない』/ソフトバンク新書)


速水健朗によれば、こういう目的のためにやっている「良いフリーター」は親とか社会からの理解も得やすいらしいんですが…それってどうよ?って気がする。

たしかに経済的に自立してるのは立派かも知れないが、なんか何の考えもなしに「夢に向かって頑張るオレカコイイ」とか浸ってる感じがするんですよね…。ましてや「やりたいことを見つける準備期間」とか何なの?w 逆に僕は少し赤木を見習ったほうがいいんじゃねーかという気にすらなる。
何か、こういう下流の若者に対してやたら儒教的な礼節を求める向きがある気がするんですけど…そうは言っても、やっぱりここも薄汚い現代社会の一部ですから。現状そういうのに馴染めないから底辺に甘んじているわけだけど、やっぱり這い上がるにはそういうある種ズルイやり方を選択して、One of themから差別化する必要が生じると思うんですよ。この社会で生きていく限りはね。

ただ、赤木智弘はもはや弱者一般とは明らかに差別化されているから、それでも公共的な立場を採らず自分にこだわり続けるんであれば、そのうち絶対方法論的に行き詰まる気はするんですけどね。
さて僕はどうしようか…。


関連記事:『若者を見殺しにする国』 腐った平和へ、アンチとしての「希望は戦争」

若者を見殺しにする国若者を見殺しにする国
(2007/10/25)
不明

商品詳細を見る
  1. 2008/05/10(土) 16:48:41|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/235-af9f6bee

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。