スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

『GUNSLINGER GIRL 9』 “3つの抱擁”その想い、そして…

GUNSLINGER GIRL 9 (9) (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 9 (9) (電撃コミックス)
(2007/11/27)
相田 裕

商品詳細を見る

ネタバレ注意!
あまりに端的な部分を反転しています。それ以下でも何となく暗示しているので、今後読まれる予定の方はこの記事は見ないことをお勧めします…。


アンジェリカが亡くなりました。ずっと暗示されていた結末ではあるのですが…やりきれないものを感じる。
(反転終了)

8巻を読んでからだいぶ経っているので、正確さに自信は無いのですが、この巻は特にそういう内容を淡々と描こうとしている印象を受けました。義体や担当官に感情移入することなく、主観的になりがちな事実性を淡々と、神の視点で描いている。

実際、死によって何らかの結末がもたらされると考えるのは都合の良いロマンチシズムでしかないでしょうね。死なんて本来そこらじゅうにゴロゴロしているものだし、誰の身にもいずれは平等に訪れる。まして「人殺し」を描き、ゴミカスのように人が死んでいくこの漫画において、身内の死だけ特別に扱うような“キモチ悪さ”を許してほしくない。むしろさまざまな問題を宙吊りにして、身内にトラウマを抱え込ませるものが「死」なのだと僕は考えます。
その意味で、この巻で描かれる「死」には、僕は共感を持ちましたね。

…とはいえ、身内にとって彼女の存在が特別無二のものであることも、また確か。客観的描写ですが、担当官たちが死を目前に控えた彼女のために、損得を超えて動く様子にはそれなりの強度を感じました。ここまで露骨に彼らの想いが描かれたのは初めてという気がする。「自分の手足のように動く“殺戮マシーン”」であるからこそ、少女は担当官にとって「必要」なのですが、そういう前提を無視する程度には、彼らも少女たちのことを想っていたんですね(安心した)。

とはいえ(三度逆転)、やはりそれはこの作品にとっては皮肉なんですよ。彼らが死にゆく少女のために尽くすのは、あくまで「自分の中のわだかまりを晴らすため」の利己的な動機だし、彼らはハナから「少女たちが不幸なのは、自分が不幸な目に遭わせているから」という原罪を背負って少女の隣に寄り添っている。――だから、義体が担当官に愛を感じること自体も、不幸の一環なんですよね…。

再三言いますが、そういうこの作品の歪みは「ロリが好き」という読者の歪みを多分に反映したものだと思うし、物語の初期でそうした妄想を無自覚に肯定してしまった反省があるからこそ、僕はガンスリは「社会」を描き「政治」を伴う決断主義に走ったんだと思っている。しかし、客観的に語ろうとしながらも、この「男に都合の良い世界を守りたい、そんな自分を肯定してほしい」という空気を色濃く残した危うさがあるから(つまり大人になろうとして、なり切れてない)、ガンスリは読者をハラハラさせ、目が離せないものにしているんだと思うわけです。

――しかしなぁ、それでも最後の活躍が「人間の盾」っていうのはあんまりにあんまりだよ…。「それに守られたい自分」っていうのにも吐き気がする。

ま、要は「オレキモイけど、そんな自分が好き」っていうどうにもヘタレな漫画なんですよw
言ってる自分がいちばんキモイんですけどねorz


関連記事:決断主義の“その先”を伺う『GUNSLINGER GIRL』
  1. 2008/03/03(月) 20:11:43|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/203-1e87dc95

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。