スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

自分史的に「美少女ゲームの臨界点」を振り返る。

ちょっと最近、自分に引き寄せて「オタク」を語る必要性を感じるので、僕のオタ遍歴でも書こうと思います(笑)。「“超傑作”ってある?」のもっと詳しい版ですね。
とりあえずサラッと書き上げちゃって、ちょこちょこ追記していこうと思います。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版
(2008/05/21)
三石琴乃、林原めぐみ 他

商品詳細を見る

■中学時代(1996~1998)

ちょうどエヴァブームの頃にあたる。でも東北の地方都市というローカリティのせいか、96年の時点でエヴァ知ってたのは、僕のまわりではほんの2、3人だった。だから「自分らが広めた」みたいな優越感はある(モチ妄想w)。テレ東系列のないウチの県でエヴァが放送されたのは、ようやく98年になってからのこと。ただ、劇場版(夏エヴァ)の結末は、当時リアル中学生だったオレには理解不能の異次元w
なのでショックは特になかった。
漫画は「ガンガン」を購読してて、天野こずえはデビューから読んでた。好きな漫画は『浪漫倶楽部』とか、女子に借りて読んだ『こどものおもちゃ』。「みんな仲良し」みたいな世界観が好きだし、ベタに信じてた。いま思えば幸せだったんだなと思う…。

――あ、ただギャルゲーへの芽ばえは既にあった。『Piaキャロ2』のみつみの絵に萌え(という概念はまだ知らない)たり、地雷で有名な『センチメンタルグラフィティ』を期待して買って、ショック受けたりしてた(笑)。

浪漫倶楽部 1 (1) (BLADE COMICS)浪漫倶楽部 1 (1) (BLADE COMICS)
(2005/08/10)
天野 こずえ

商品詳細を見る

こどものおもちゃ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)こどものおもちゃ―完全版 (1) (集英社ガールズコミックス)
(2003/07/15)
小花 美穂

商品詳細を見る


■高校時代(1999~2001)
1999年 高校の殺伐とした空気に馴染めず悩む。たぶん「島宇宙」状態との初邂逅。「自分のことしか考えてない人間がたくさんいる」なんて当時は思いもしなかったw そんな気分と『ブギーポップ』シリーズがマッチ。本自体は『VSイマジネーター1,2』が出た中3から買ってたけど、ハマったのはたぶんこの頃。『歪曲王』『夜明け―』くらいまで好きだった。
あと、忘れもしないんだけど、ウチの高校の学祭に友達がきて「『Kanon』はいい!」とか滔々と語り始めた。それがエロゲとの出会い(笑)
まだパソコン持ってなかったので、その友達にプレステ版『To Heart』を借りてやった。オタ発症
2000年 正月の郵便局バイトで頭金つくり、パソコン購入。以下着々とゲームをプレイ。たしか順番的には『WHITE ALBUM』『ONE』『痕』『終ノ空』『雫』『Phantom』『Kanon』…みたいな感じ。その他で気に入ってるのは『Lien』『Canvas』『こみパ』とか。『こみパ』はたぶん大学躁転(明るい性格になること)への布石。ネットに繋がってなかったので、「ギャルゲー用語辞典」(おそらく現行のサイトとは別モノ)を魚拓取ってもらって読み耽るのが趣味だった。
自分的ピークは3日で『AIR』全クリしたあたりかなw
2001年 9.11テロとかあったけど、それ以外あまり覚えてない。たぶんエロゲやりつつ「勉強わかんねー」って言ってただけ。しねばいいのに。

ブギーポップは笑わないブギーポップは笑わない
(1998/02)
上遠野 浩平、緒方 剛志 他

商品詳細を見る

ONE ~輝く季節へ~ Vista動作確認版ONE ~輝く季節へ~ Vista動作確認版
(2007/06/01)
Windows

商品詳細を見る

To Heart リニューアルパッケージTo Heart リニューアルパッケージ
(2003/06/20)
Array

商品詳細を見る

WHITE ALBUM リニューアルパケージWHITE ALBUM リニューアルパケージ
(2003/06/20)
Array

商品詳細を見る

AIR ~Standard Edition~AIR ~Standard Edition~     .
(2005/04/08)
Windows

商品詳細を見る

Canvas~セピア色のモチーフ~ ベスト版Canvas~セピア色のモチーフ~ ベスト版
(2005/03/03)
PlayStation2

商品詳細を見る

こみっくパーティーポータブル (初回限定版)こみっくパーティーポータブル (初回限定版)
(2005/12/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


■浪人時代(2002)
案の定受験落ちて、仙台の予備校で寮生活。世間的には日韓ワールドカップで熱かった年。
この年にブームが来たアージュや新伝奇は当然スルーしたし、いまだに興味が沸かない。『水月』とかマリみてブームとか、やってないけど何となく「萌え」が弱々しい方向にいってるなーとは感じてた。(いわゆる臨界点)
あと個人的に「脱オタ」的なスタンスを模索しはじめる。

■大学時代(2003~2006)
個人的に失恋したこともあって、大学は心機一転、気分を入れ替えようと思った。奇しくもそれが「脱セカイ系」的なオタ業界の流れに乗っていた(計算通り(笑))。
情報通の友達がいなかったこともあって、かなり個人的趣向で作品を消費した。あとエロゲはほとんどやらなくなって、アニメ寄りになった。全般的に大学はリア充。
あと浪人時代から脱オタ方向の模索があったけど、その流れが継続した。基本的に「オタだけど、実生活が悲惨なのはイヤ」というスタンス。「脱オタクファッションガイド」とか見てた(笑)。あとそれが趣向にも反映してそういう文脈で作品を選んでた。分かりやすく『ROOM NO.1301』とか『ARIA』とか。『ステルヴィア』とか『リヴァイアス』も時系列と関係なく観たから、自分の中では「コミュ肯定」みたいに取った。『電車男』も超アリ。
で、アニメ化と同時くらいで『ハチクロ』読んで、『秒速5センチメートル』で半ば放心状態になりながら大学を卒業すると(笑)

ARIA (1) (BLADE COMICS)ARIA (1) (BLADE COMICS)
(2002/10)
天野 こずえ

商品詳細を見る

ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? (富士見ミステリー文庫)ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? (富士見ミステリー文庫)
(2003/09)
新井 輝、さっち 他

商品詳細を見る

宇宙のステルヴィア OPテーマ - 明日へのbrilliant road宇宙のステルヴィア OPテーマ    .
明日へのbrilliant road

(2003/05/21)
angela、Katsu 他

商品詳細を見る

無限のリヴァイアス Vol.1無限のリヴァイアス Vol.1        .
(2000/03/25)
白鳥哲、保志総一朗 他

商品詳細を見る

電車男 (新潮文庫)電車男 (新潮文庫)          .
(2006/12)
中野 独人

商品詳細を見る

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー (1)
(クイーンズコミックス―ヤングユー)

(2002/08/19)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

秒速5センチメートル 通常版秒速5センチメートル 通常版   .
(2007/07/19)
水橋研二、近藤好美 他

商品詳細を見る


…とまぁこういう人生経験なので、「社会的に実用性のある物語」がマジで必要だと思うわけ。(→その文脈で「ef」を批判)
まあでも、ベタに好きな当人たちにしてみれば余計なお世話だろうが…押し付けがましいのは良くないよねw
また、古い価値観も使えないので良くない。(→「true tears」、押井一派、宮崎アニメ)
…っていうか、そもそも論陣張るほどの作品なのかと。
  1. 2008/02/29(金) 17:16:38|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/201-a63ab0d9

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。