スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

“どうか、幸せな記憶を。”

080224-Sky.jpg
OLYMPUS E-500

公子「夢の中だけでも、あの子がそうして友だちに囲まれているなら、それだけで嬉しいです。夢しか見ることが出来ないなら、せめて、その夢の中ではお友だちと駆け回っていてほしいんです」
(CLANNAD -クラナド- 第7話「星型の気持ち」)


絵描くのにクラナドを見返してた。
風子シナリオはテンション上がってる今観た方が感動するわ。

改めて観ると、けっこう端はしでソレっぽいことを言ってる。ソレっぽいってのは18話の智代の話が一番露骨だけど、「若者に託すメッセージ」的なもののこと。やっぱ『CLANNAD』は『AIR』の正統な後継なんだなと思った。

結局こういう美少女ゲームみたいな癒しが何で必要なのか?って考えると、それはやっぱ、本当はこんなふうにベタに楽しく生きたいのに、生きられない人がたくさんいるからだと思うんだよ。クラスは同じでも、みんなてんでバラバラなことを考えてるような世の中だから。素直に生きられないのも仕方ない。

だから萌えにハマる気持ちも分かるけど、“終わってしまった”世代としては、せめて“終わってない”人たちには諦めてほしくないな、と思う。僕も麻枝准と同じで慰める物語を作ってはいるけど、もしまだ希望があるのなら、どうかあきらめないでほしい。エロゲーなんか必要ないくらい、ベタに幸せになってほしい…。特に高校生の人たちには。

自分が今あの場に戻って、クラナドみたいにやれるかって思えばやっぱり難しいんだけど。でも大学ではある程度やれたし楽しかった。どうして高校って難しいんだろう…。
まあ「このエントリのBGMは水樹奈々の「innocent starter」で決まりだろう」とか思ってるオレは完璧にジ・エンドですがw

みなさんどうか、幸せな記憶を…。
  1. 2008/02/24(日) 14:21:49|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/194-209f8ba2

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。