スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

296日目

ブログの効用―ブログを1年続けられる人は2割に届かず。 モモログ

ブログを書く効用はなによりも(〈種の倫理〉における「個」としての)〈私〉という自我を立てることでしかないのだけれども、それはここでうだうだと書いてもしょうかないだろう。

そうなんだよねー。
基本的に自分の関心にしたがって書くから、自我がどんどん先鋭化していってるのを感じる。で、だんだん暴走気味になってきて、欲求に時間と体力がついてかなくて空中分解しそう…w

主張ははっきりしたし、書くネタもあるんだけど、僕の主題は漫画や建築であってブログじゃない。だから最近はブログに割く時間すら煩わしいんだけど、無きゃ無いでまた困る。

まあ、社会にコネクトしてない主張なんて怪物化するし、世の中の流れが変わらないかぎり潰さないと決めてるんですが(停滞はする)。


笑の大学 スタンダード・エディション笑の大学 スタンダード・エディション
(2005/05/27)
役所広司、稲垣吾郎 他

商品詳細を見る

面白かったけど、キャッチのいう「三谷幸喜最高傑作」ではなかったかな。個人的に『王様のレストラン』のほうが好き。ただ「劇中劇中劇」とでも言うべき3重に捻くれた構造はかなり濃い三谷臭がする。
あとアニメの『絶望先生』ってかなり舞台演劇っぽいんだなとコレを観て思った。

つくりながら考える・使いながらつくるつくりながら考える・使いながらつくる
(2003/02)
山本 理顕、山本理顕設計工場 他

商品詳細を見る

だめだ、裁判の方が気になって頭に入らない。
山本理顕はこの本に収録されている邑楽町のコンペを行政にフイにされたことで訴訟を起こしている。コンペ当時の町長が代替わりして行政側が心変わりしたしたことが原因で、確かに山本に非は無いのだけど。

クドいほど住民参加を強調して、こんな本まで出したし、正当性は自分にあると思ったから裁判所に訴えたんだろうが、それだけ作業を積み重ねた結果が“トウフの化け物”みたいな建物なのは、根本的にどうなのかと僕は前から思っている。それは西沢立衛が言うように「客観的理論のドライブからメチャクチャな理屈をひねり出す」建築家の悪癖でもあるし、「建築は実験装置」と言い切る山本の無神経さや、その病的嗜好の偏執性を、誰か(エライひと)が「趣味」の問題から拒否したんじゃないかという気がしてしまう。むしろ「「趣味」の問題はこれだけ協調を図っても、嫌なものは嫌」という皮肉をこの本が体現してしまっている。
あるいは都市と地方の対立かも。

他人の作品を見てても参考資料という感じで、心ここにあらずだなぁ…。


シンポに向けてのメモ 渦状言論
シンポに向けてのメモ2 渦状言論

東浩紀が明日のシンポでトリップしてる。気合入ってんなぁ。
そうなんだよね、東さんにはその辺から政治に切り込んでいってほしいと思う。そういう政治に関する無自覚的なキモさを相対化する役目こそが、この人の仕事なんじゃないかという気はしてる。あまりにバイタリティが溢れててなんでも首突っ込むけどさw オタク関係は後が突っかえてるので、席を譲ってください(笑)
Keiさん行くんだ、いいなぁ…。
Galaxy02_20071212210807.gif
前に作った図面を引っ張り出してみました。
  1. 2008/01/21(月) 21:18:13|
  2. Permlink|
  3. かんさつ日記|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/181-f5bdb5b0

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。