スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

カリスマたちの青春グラフィティ 『チェーザレ 3』

チェーザレ 3―破壊の創造者 (3) (KCデラックス)チェーザレ 3―破壊の創造者 (3) (KCデラックス)
(2007/04/23)
惣領 冬実

商品詳細を見る

これも歴史モノで、やはり話が深く面白い作品。やっぱ、ストーリー重視なら焦って作っちゃダメだと思うw

僕は高校で世界史取ってないんで詳しくないし、この本は敢えて前知識無しで読むようにしてるんだけど、それでも知ってる名前がチラホラ出てきて期待が膨らむ。レオナルド・ダ・ヴィンチやロレンツォ・メディチ…そしてこの巻では「マキャベリズム」で有名なマキャベリが登場。バラバラに知識として知っていた名前が、活き活きと同時代を生きていて、しかもこの話の場合は同じ1つの大学に集い、それを中心に物語が動いているのだからとても刺激的だ。歴史の新たな面白さを教えてくれる漫画。

この巻でも相変わらずチェーザレ様はカリスマに溢れていらっしゃるのだけど、話の展開が緩やかなので、まだ取り立てて書く事はない(笑) ただそれでもじわじわと状況は動いている気もするので、なんか上手くストーリーを紹介しにくい漫画。口では言い表しにくいので、この面白さは読んで味わってほしい。

ただ、『ヒストリエ』の次に読んだから思ったんだけど、そういえば今まで全く女の子が出てきていない事態に気づいて驚嘆したw(それでも読ませる漫画だということ)
  1. 2008/01/07(月) 11:01:35|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/170-5d9a508e

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。