スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

漫画界屈指の歴史大河 『ヒストリエ 4』

ヒストリエ 4 (4) (アフタヌーンKC)ヒストリエ 4 (4) (アフタヌーンKC)
(2007/07/23)
岩明 均

商品詳細を見る

最近は歴史モノの上手さに定評ある、岩明均の漫画。現在連載しているものの中では屈指の作品だと思う。3巻読んでからだいぶ間が空いちゃったので、話けっこう忘れてるな…w

4巻は少し筆休め的な色合いが強いと思うけど、それでもかなり面白い。この巻によって空白だったボアの村でのエウメネスの青年期(思春期?)が補完され、幼年期から青年期までの彼のストーリーが1つに繋がる。そして1巻冒頭の渡河の場面に戻るわけね、はーなるほど。

この巻を通して、彼は賢く勇敢な一角の人物として成長を遂げたように思う。そしてきっと、5巻以降での大活躍に繋がっていくのでしょう。――つまり、この4巻をもって序章は終わりを告げた。

この巻で印象に残ったのは、エウメネスとボアの村の娘、サテュラの恋愛模様。2人は互いに想いを寄せながらも、背負う激しい運命の流れの中で、結局一緒になることはできなかった。「恋と革命(私的充足と公的充足)」の狭間に引き裂かれるという――これはたぶん物語のいちばん根源的なテーマなんじゃないかと僕は思うけど――使い古されたパターンだけど、それでもガーンと心に響くこの手のエピソードはやっぱり大河が1番だと思う。ちょっと現実の恋愛ではこういうのは無理だしな(笑)

余談。
サテュラとバルシネの見分けつかない。描き分けできてねーよw
  1. 2008/01/06(日) 13:38:52|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/167-b99af692

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。