スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

決断主義者の末路 『DEATH NOTE』

DEATH NOTE (12)DEATH NOTE (12)
(2006/07/04)
大場 つぐみ、小畑 健 他

商品詳細を見る

6巻から一気にラストまで読んだ。
感想としては、意外と最期キラは不様だったなーということ。最後の倉庫での大演説とか、やらないほうがぜったいカッコ良かったと思う。でも、悪役ヒーローにはお似合いの最期かもね。キラもいいかげん誰かにぶちまけたかったんだろう。
ただ、あの厨クサさは自分とそっくりで笑えねーw
あと「ジェバンニ」が何なのか、やっと意味が分かりました(笑)
これでデスノコラが楽しく見れるw

終わってみるとそれほど諸手挙げて大絶賛する作品でもなかったと思うけど、あの脳筋のジャンプでこれを連載できたことは良いことだと思う。過酷な週刊連載ですべてが格闘マンガ化してゆくジャンプのジレンマを解消するためにも、編集部はこの作品を活かしてほしい。

ただ、個人的にはこういう推理もののシナリオというのは、どんなに考証をしっかりやっても「ホントかよ?」と疑わしく見えてしまう。メタ化した視点で見ればどうしてもキャラクターが作者の計算通りに動いてるように見えて、“お話し”の壁を感じる。んでそうすると中和剤として『絶望先生』とか読みたくなってしまうわけ...(笑)個人的な問題のような気もするけど、これ何とかなんないのかな…?

余談。
『デスノート』をパクったと言われる『コードギアス』には、今度はじまる2期でそのへんを頑張ってほしい…けど、大丈夫かな~、ちょっと恐いんだけど。
つうか「ロロ」って誰だよ(笑)
  1. 2008/01/05(土) 18:53:56|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/164-7f805d49

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。