スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

愛すべきババアたち 『かもめ食堂』

フィンランドのヘルシンキに、ひとりの日本人女性が経営する小さな食堂があった。その店の名は「かもめ食堂」――。

かもめ食堂かもめ食堂
(2006/09/27)
小林聡美、片桐はいり 他

商品詳細を見る

去年観たなかで1番の映画。最近「智の蔵」さんの紹介で本とか選ぶことが多いけど、当たりが多い。

この話の登場人物はほぼ「ババア」オンリーで、美人なんか1人も出てこないのだけど(失礼)…、あの顔は1度ハマると抜け出せないくらいクセになる!主人公役は「超熟」のCMのひと(小林聡美)で、僕のお気に入りは旅行カバンを紛失したマサコ役のもたいまさこ。
あの仏像ばりのアルカイックスマイルが頭にこびりついて離れないぜ!w

ただ、当たり前だけど顔芸の話ではなく、北欧を舞台にしているように「癒し」色の強い話だ。登場するババアたちもそれぞれに悩みを抱えており、ここを訪れることで澱が取れ、味わい深い顔をするようになる。ババアは厚かましくて空気が読めないので、日本中で嫌われてるけど、それなりにみんな悩みを抱えてるのかもなぁと思う。みんな、穏やかさを取り戻せばこの話のババアみたいになる…のかも知れないw

個人的に日本文化のしみったれた部分は嫌いなので、観る前はどんなみすぼらしい食堂がフィンランドの文化を汚染しているのだろうと戦々恐々だったけど、予想外に「かもめ食堂」がカッコ良くてびっくりした。よいインテリア(デザイン)コーディネイターが映画に付いていると思う。間違いなくあの食堂の雰囲気がこの作品を決定づけた。

脇役もジャパニメーションオタのフィンランド人トンミ・ヒルトネン(豚身・昼斗念)や、フィンランドババアのリーサなど、愛くるしく憎めないキャラクターで固められている。
が、しかし、この映画間違いなくフィンランドを曲解してるよね(笑) フィンランド政府観光局推薦作品でいいのかな...w
  1. 2008/01/05(土) 18:44:08|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/163-9ad2f4f7

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。