スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

セカイ系雑感

若者はじかに世界の理に触れようとする。
しかし、世界は多様な物事から成り立っている。
社会のしくみを理解することで、ひとはそれに則って様々なことが出来るようになる。
しかし、それと引き替えに子供のころに感じていた、直接世界と対話しているような無垢な全能感は失われ、自己は矮小化されてゆく。

子供は社会の中に、自分の立ち位置が定まってないのかも知れない。
だから神の視点で世界を客観的に捉えることが出来るのかな。
一方モラトリアムも社会の中に立ち位置が定まっていないが、それは見かけ上のはなしであって、潜在的にはどんどん位置が低下している...。

はいはい、わかっておりますよ…。
  1. 2007/05/17(木) 13:51:40|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/16-3e52029d

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。