スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

聞いて立ち直ったセリフVS「下流社会」編

「嫌な見方をするヤツもいれば、そうじゃないヤツだっている。なんだってそうよ?だから、嫌なほうを気にしないようにするの。そうすればつらいことばっかりじゃない。それが、世の中を渡ってくコツよ」

エル・カザド3話の中のセリフ。
最近「下流社会」を読んで凹んでたので(ニートだものw)、「ああ、いいこと言う…」とちょっと感じ入ってしまった。でも、こういうこと言うと「逃避してんじゃねえよ」とご丁寧にトドメ刺しに来るヤツいそうだな...。

でもね、常識がいつまでも正しいとは限らないじゃないか。
いい意見と嫌な意見のどちらが正しいかは、決まってないはずじゃないか。

「個性、自分らしさ、創造性は貧乏を呼ぶ。価値観を捨て、社交性を身につけてポジティブに生きろ」と「下流社会」には書いてある。
――たしかに統計的には正しいのかも知れない。

でも、創造性の無い社会なんてつまんないし、効率だけを考えてる社会は必ず過ちを犯す。質の追及は大事だしそれには時間もかかる。今まで通りのことしかしないのなら競争力を失うし、社交性ばっか気にして内向きでナアナアに、無意味な仕事ばっかりしてたらいずれ他所からアテにされなくなるぞ。それに体育会系ばかりが上に行く社会なんて差別じゃないか。内向的なヤツだって平等に自分に向いた方面で上に行く競争が出来るべきなんだ。性格変えてまでレールに従わなきゃいけないなんておかしいよ。
僕はそう思うから、嫌な方は気にしないようにする。

あー、書いたらスッキリした~♪
下流社会 新たな階層集団の出現 下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展 (2005/09/20)
光文社
この商品の詳細を見る
  1. 2007/05/16(水) 00:38:37|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/14-83a78d41

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。