スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

『あの日見た桜』 同世代の“ベテラン作家”にエールを

07.10.01-Sakura.jpg
Canon AF35-ML

「木曾の男なら桜の様に生きよ
はかなくとも
桜は精一杯にその花を咲かす
散りゆく姿さえも
…いさぎよいものなり…」


あの日見た桜 藤野もやむ短編集 (ガンガンWINGコミックス)あの日見た桜 藤野もやむ短編集 (ガンガンWINGコミックス)
(2000/09)
藤野 もやむ

商品詳細を見る


読み逸していた懐かしい本を偶然古本屋で見つけたので買ってみた。藤野もやむの初期短編集。

僕は83年生まれだけど、同年代の“早熟の天才”といえば宇多田ヒカルとこの藤野もやむを思い出す。宇多田は83年の早生まれで1コ上の学年、藤野は82年の早生まれで2コ上の学年だけど、社会に出たらあんま関係ないよね。ほとんど同い年という感覚で見てる。

藤野は高校時代にすでにプロとしてデビューして、以来堅実に作品を作り続けている作家。
「整った可愛い絵柄だけど意外にテーマがヘビーで、不覚にもラストは泣かされてしまう」というのが世間のもっぱらの評。僕の印象は「地味で最初はいまいちつまんないんだけど、テーマがしっかりしてるので最後はキッチリ決めてくる作家」という感じ。
あと同年代なんで、絵柄がすごい共感できる。下地が同じというか。

僕がこの人の作品を評価するようになったきっかけは、『ナイトメア☆チルドレン』もあるけど、『平家物語』の木曽義仲と巴御前の幼少期を描いた短編(タイトルは忘れた)がすごく良かった。史実を元にしたフィクションなんだけど、大河的ではなくすごく私小説的。これを読んで僕は「歴史ものの創作もアリなんじゃないか」と思うようになった。つまり歴史なんて何が本当かはわかんないけど、史実に描かれていない行間を妄想して、歴史上の人物に思い入れを深めるのは別に悪いことではない、という認識。
僕は藤野によって、平家物語を弾き語る琵琶法師の気持ちを教えてもらったわけだ。ただこの話、単行本化されたのか不明なんだ。この本には入ってないし…。

表題作の『あの日見た桜』は、上に挙げた話の元ネタ、というか発端。こちらは義仲の息子義高と、源頼朝の娘大姫の悲恋話。ただ、読んで思ったけど義仲の話よりいまいち心に響かなかったかな...。
実はこの話、作者のオリジナルじゃなくて、藤野が惚れ込んだ高校演劇の演目を頼み込んで漫画化させてもらったものなんだそうな。…たぶん、だからだと思うんだけど、作者の熱が冷め切っていないというか、客観的に語り切れてない気がすんだよな。作者はすごいこの話に思い入れがあって、切ない話なんだな~とは思うんだけど、作中で語り切れてない気がすんだ。だからなんか流しちゃう。
まあね、僕も学生時代に演劇部の劇観て感動させられたタチだから、気持ちはわかる。なんかネームも8つくらい切ったらしいし…その気持ちは充分買うよ。
純粋に話としては、その他収録の現代劇のほうが面白かった。あと大正浪漫ものの『大正すいむ譚』も、甘々だけどなんか好き。初期短編集だから当然若いときの作品なんだけど、この瑞々しい感性は本当に稀少だったと思う。これが商業作品で出たことが素晴らしい。発掘した担当GJ

この義高と大姫の話は最近リメイクされて、新しいほうの短編集『ひとさきの花』に収録されているらしい。まだ読んでないけど、果たしてどれだけ“作品”として消化できたか興味がある。あと義仲と巴御前の話も載ってるといいな…。

実は『賢者の長き不在』1巻があまりにタルくて耐えられず、以来藤野作品は読んでなかったんだけど…最新作の『はこぶね白書』の評判もいいし、もっかい藤野もやむ読み始めようかな...。
ところで藤野先生、「大地丙太郎のようなアニメ監督になる夢」はまだ健在ですか?ファンとしてはそろそろ次の飛躍を期待したいです。
とりあえずは目下『はこぶね』アニメ化期待で。(できれば京アニで!)

ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックスひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックス
(2007/02/10)
藤野 もやむ

商品詳細を見る

はこぶね白書 1 (1)はこぶね白書 1 (1)
(2006/03/10)
藤野 もやむ

商品詳細を見る
  1. 2007/10/01(月) 22:37:36|
  2. Permlink|
  3. たわ言|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neetwatch.blog103.fc2.com/tb.php/108-4808bae1

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。