スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. Permlink|
  3. スポンサー広告|
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

VSシャーシはじめました


MAシャーシの改造が一段落したので、
素組みでも速いと評判のVSシャーシに手を出してみました。


バンパー強化
VSシャーシは古い型なので、強度が足りないらしい。
触ってみると、たしかにMAなんかよりだいぶ柔らかい(柔軟性は高いですが)。
そこでネットを調べて、VSを実戦投入するには必須というバンパー補強を行いました。


この形のステーをこのようにカット。



シャーシとステーの穴をネジで合わせて、
新規に補強接合用のネジ穴をピンバイスで空けます。
この穴の位置が1番の難関でした;
ステーに対してもシャーシの接合部に対しても、余白の真ん中に空けることを心がけました。


接合面に障る「VS CHASSIS」のエンボスロゴも削り取ります。



上からもFRPの小片でサンドイッチして、ネジで締めます。
本当は接着剤で固定してしまえばいちばん良いんでしょうが、FRPを使い回したいのでネジだけです。


なかなかいい感じに出来ました♪


更に実戦向けに。
フロントが4段も重なるゴツい構成になりましたが、上段が幅拡張用のFRP、下段がフロントアンダーガードです。


リヤダブルローラー(3点固定タイプ)

リヤも定番改造らしい、3点固定のステーで強化します。


上級者は腕部分を切って使うらしいのですが、自分は特に必要性を感じなかったので上からFRPマルチワイドリヤステーを重ねて、そこからブレーキを下ろしています。


3点固定ステーとFRPのすき間にはスペーサーを噛ませてネジ止め。


プロペラシャフト受け強化
通称ペラシャ。




見やすいようにピンクシャーシで。
FRP片を瞬間接着剤でくっつけます。ここは小片なのでシャーシと一体化。
上級者な方たちはギヤ周りもけっこういじるみたいですが、敷居が高いのでそのままいきます。
ペラシャも中空シャフトではなくノーマル。
とりあえずVSの素の実力が見たいってのもあります。


ギヤカバー外れ防止

ギヤカバーのツメ裏、モーターと接する部分にブレーキスポンジを貼って振動によるズレを防ぎます。


シャーシの補強はこんなもんですね。


完成

ボディとフロント提灯を載せて完成。
ボディはアバンテのスモークキャノピーでしたが、キャノピーを痛めてしまい取っ払いましたw


フロント提灯は形が違いますが、デクロスの時と同じ簡易型です。
FRPの小片を挟んで歪みを防止。


ベースの青に差し色で蛍光イエローを挟んでSUBARUっぽいカラーリングに。


サイドの黄色ローラーはボディのキズ避けで、積極的に当たることは想定してません。宝箱セッティングは崩してないです。



こっちはブリッツァーソニックの透けパーツを流用。
ギヤが見えてカッコイイです♪



VS1発目なので、とりあえずこれで壊れないか様子を見てみたいですね。
あと、本当に評判通り速いのかMAと同じセッティングで比べてみたいので、そのためのパーツを集めています。

<参考>
「VSシャーシ初心者向けの必須改造・よくあるトラブル」ホビーショップ山田
「3レーン用の基本的なVSシャーシマシンの組み方・改造方法(バンパーレス・ヒクオ・ペラタイヤ)」ホビーショップ山田
「優勝マシンのセッティングに迫る! メディア対抗ミニ四駆レース2016 参戦レポート(3)【マシン編】」ワンダードライビング
「強度アップ!3点止めステーのススメ!」ケイ・ホビー ミニ四駆・ガシャポンBLOG
「VSシャーシを改造してみる【ウイニングバード21STエディション~奮闘記第17走~】」みそじで復活!!ミニ四駆改造奮闘記。
「VSシャーシを使おう」Neat! Neat! Neat!
「VSシャーシフロント提灯にチャレンジ」自分の趣味な時間
  1. スポンサーサイト
  2. 2018/06/19(火) 12:46:00|
  3. Permlink|
  4. ミニ四駆|
  5. トラックバック:0|
  6. コメント(-)|
  7. このエントリーを含むはてなブックマーク

ミニ四駆入門のすすめ

以前から予告していたビギナー向けのミニ四駆おすすめ記事です。
どういう切り口でいこうかなと思っていたんですが、こうなりました。


1.スターターパックを買ってください!


ミニ四駆には、スターターパックというカスタムパーツが同梱されたキットがあります。

    

シャーシ別にAR、MA、FM-Aと3タイプあります。
どれでもいいですが、この3つのどれかを最初に買うのが良いと思います。
実売価格2000円以下ですが、個別に買うと3000円以上のパーツがまとめられていてお得です。


2.好きな車を買ってください!

やっぱり見た目が自分好みのマシンを走らせたほうがテンションが上がります。

ミニ四駆 パンフレット

↑このページにある「ラインアップカタログ」が、現在一般販売しているミニ四駆の一覧になります。
この中から自分好みのデザインを選んで、1台買うのが良いと思います。
また、右下のほうに「MA」とか「AR」とか書いていると思いますが、これがシャーシのタイプになります。
ミニ四駆は、「ボディ」と呼ばれる車の上半分のカバーが飾りの部分で、下半分の「シャーシ(車台)」はタイプ毎に形が共通しています(実車と同じですね)。
したがって、自分の好みのボディに1で買ったスターターパックの拡張パーツを合わせるのが、1番てっとり早くコスパのいい改造になります。
なので、好みのデザインを選ぶとはいえ、スターターパックがある「AR」「MA」「FM-A」シャーシの中から選ぶのがビギナーは良いと思います。
MS、VS、スーパーIIシャーシは、経験を積んでから手を出すのが良いと思います。

あと、ミニ四駆はちょくちょく限定販売のキットが出ます。

ミニ四駆特別企画(マシン)
ミニ四駆限定販売商品(マシン)

このへんのページを見て、気に入ったのが出ていれば買うと良いと思います。
限定品のほうがカラーリングが比較的大人向けで、かっこいいものが多いです。
この記事を読んでいる方にはこっちがおすすめです。
限定品で販売が終了すると手に入りにくいので、買うなら優先です。


3.パーツを買い足してください!

上の段階でレースに出てみても良いと思うのですが、スターターパック程度の改造ではまず勝ち進めないと思います。
そこで最低限これは押さえたいというパーツを厳選して紹介します。

  
「ハイパーダッシュモーター」
片軸と両軸2タイプあります。AR、FM-Aは片軸、MAは両軸を使います。
レースに使用出来るモーターでは最強のモーターです。速度負けしないためには必須。
ただ、速度が上がると当然コースアウトしやすくなるので、そこを抑え込むセッティングが必要です。
要するにミニ四駆とは、速度を上げつつ如何にコースアウトしないで完走させるかという調整の妙を競います。


「2段アルミローラーセット(13-12mm)」
レースに出るとして、まず最初はホビーショップなどでの3レーンレースだと思うのですが(タミヤ公式の5レーンレースは事前申込なのでハードルが高い)、ネット情報でこのコースに最も相性が良いと評判なのがこのローラーです。
エッジが鋭くて食いつきが良く、素材が柔らかい3レーンコースに向いている。かつ姿勢が傾いた時には2段のローラーで強力に支えます。
これをフロントに装着したマシンがショップレースではマジョリティです。


「マスダンパー」
私を含め復帰組には物珍しいのがこのパーツです。
ミニ四駆のレースが昔とは様変わりして、高低差のあるアップダウンのキツイコースが現在の主流となっています。
そのため、マシンがジャンプしてコースアウトしてしまわないように、分銅状の重りを付けることが必須となっています。
スターターパックにも少し入っていますが、足りないので買い足したほうがよいです。
実際コースに出て調整してみれば分かりますが、スターターパックの状態(いわゆるサイドマスダン仕様)では安定させるのに結構な数が必要です。
色々種類があるので、集めてみると良いです。「ファーストトライパーツセット」というものにも同梱されています。


私の初代マシン、シューティングプラウドスター サイドマスダン仕様

このへんまで揃うと、初心者は卒業かなという感じがします。
あとは充電池を買ったりフロント提灯改造をしたりして深みに嵌っていくとよいと思います(別記事参照↓)。
簡易MAフロント提灯車作った
充電器NC-TGR03購入


趣味としてのミニ四駆の良さについて

入門の実際の手続きとしては上記で、
ここからはミニ四駆趣味の心情的なおすすめポイントを挙げていきます。

○コスパが良い
元来は子供のおもちゃなので、大人になった今の私から見ると値段が割安です。
ミニ四駆本体が1000円、
カスタムパーツが200~1000円程度。
ほかの色々な趣味と比べても安めだと思うので、日ごろのご褒美感覚で買っています。

○モノの充実感
ネットゲームをやっていて少し課金もしていたのですが、だんだん飽きてきていたところに見つけたのがミニ四駆でした。
昔のおもちゃはみんなそうですが、実際に物体が手元にあるというのがデジタル時代には逆に新鮮で充実感があります。
しかもデザインがよく練られていてカッコよく、たくさん種類があってこの値段というのは、あんま他に無いんじゃないかなという気がします。

○意外に作るのが簡単
工作が苦手だと身構えてしまいますが、やってみると意外とミニ四駆は工作的な要素は少ないです。
両軸モーター初対面だったので復帰1発目のMAシャーシは少し苦戦しましたが、慣れると簡単です。
しかも前述のように、ミニ四駆はシャーシの規格が共通化しているので必ずしも毎回全部組む必要はなく、最悪ボディだけ手持ちに載せ替えてもOKです。
また、パーツの色やバリエーションが豊富なので、プラモのように塗装する必要もありません。自分好みなパーツを組み合わせてオリジナルマシンを作ることができます。
続けていくと、パッケージ全体より「あのキットのあのパーツが欲しい」というような買い方になっていきます。

○レースできる

コレクションアイテムですが、同時にレースを戦う実用品でもあります。
速く走る目的のためにデザインが成立しているのは機能的で、私のような理屈っぽいタイプにはそそります。
最近はホビーショップや家電量販店など、各地にコースがありレースが開催されています。
田舎の小学生だった時分には近所にコースがないのがネックでしたが、大人な今ではそれこそ実車を持ってる方も多いでしょうし、行動の脚は広がります。
レースに出ると親子で参加している方もよく見かけます。


そんな感じで、手頃な趣味がほしい方にはオススメなミニ四駆なのでした。
いっけぇマグナム!(持ってない)
  1. 2018/06/17(日) 15:20:00|
  2. Permlink|
  3. ミニ四駆|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

充電器NC-TGR03購入


ミニ四駆に復帰して1年あまり。
ついに充電器を購入しました。

SANYO eneloop NC-TGR03
今は亡きサンヨーブランドの在庫品です。
ネットで在庫処分が無いか探してたんですが、このたび見つけて無事ゲットしました。

ほかに
・タミヤの急速充電器PRO II(ITEM55116)
・PSPOWER NT1000
・ハイテック AA/AAA charger X4 AdvancedII 44242


も検討しましたが、機能と価格の折り合いでコレになりました。
この紹介記事で気に入った方いればオススメです。
(ちなみに、N-TGR03AS/BSという製品も電池同梱版のNC-TGR03なので同等品です)


急速充電
電池2本の場合、倍速充電となり1本あたり1275mAでの充電となります。
自分は買ったばかりで実感ないですが、高い電流で充電するとモーターがよく回るらしい(「パンチのある電池」という表現をよく見ます)。
上位機だと電流の強さを設定出来るそうですが、家庭用充電器で安全装置も付いてるし、入門機としてはまあまあかなと。


トリクル充電(満充電キープ機能)なし

トリクル充電は電池を常に満充電状態で保ってくれる機能で、いつでも満充電状態で使用可能になるので、緊急時や災害時においての各種防災グッズなどの電源としてはいいのだが、ミニ四駆に使う電池の場合これをしてしまうとパンチがなくなり、ダルい電池となってしまう。

   ミニ四駆改造マニュアル@wiki 充電器・放電器

前述の急速充電の記述と併せて、継ぎ足し充電は高電流で充電しないんでしょうね。
NC-TGR03は下手にこの機能が付いてないのでミニ四駆向きです。

自分調べでは、NT1000はトリクル充電付き(なので避けた)。
タミヤのPRO IIは情報不足で不明です(なので避けた)。


残量チェック機能&リフレッシュ機能
リフレッシュ機能は、充電と放電を繰り返してメモリー効果など電池の不調を整える機能(メモリー効果はググってください)。
電池残量はLEDランプの色で3段階チェックできます。
比較的安価な機種でこの機能も付いているのでお得感あります。


欠点
・満充電前に充電が止まる
家庭用機種なので安全マージン取っているようです。
これがスピードに影響するかは私は分からない。追加で調べたいです。

・充電時にチリ音が出る
まだ自分は試していませんが、就寝時とかだと気になるのかな。

・絶版品なので買いにくい
現行品に比べれば。
ただ型落ち品の中では比較的買いやすいし、値段も安いです。
(自分は数ヶ月程度ネットの検索結果をブックマークして見てた。)
そもそもミニ四駆以外で特定の型落ち充電器を指名買いする需要はそうないでしょうね(笑)


以上こんな感じで、僕のような充電入門機としてオススメかなと。
ちなみに、ミニ四駆界隈で鉄板の充電器はAAA charger X4なので、あらゆる面でNC-TGR03を上回りますが、
まあ値段もそれなりなので比較検討していただければと思います。


<参考>
「ミニ四駆にオススメの充電器」Scuderia sitosama.
「ミニ四駆の充電のお話」ミニ四駆 SFM最速を目指して
「タミヤとサンヨーの充電器について」yossy(よっしー)のあれっちゃこれっちゃ!
「ミニ四駆について質問です。今 ニッケル水素(ネオチャンプ)の放電器を探...」Yahoo!知恵袋
「充電器を使いこなそう!」ミニ四駆制作改造情報局
「【ミニ四駆】燃料(電池)考察。充電器について」遊village
「謎はすべて解けた PSPOWER NT-1000編」まっさんの趣味のページ
「ミニ四駆 充電器 PSPOWER NT1000」こりんのミニ四駆
「エネループってなんでこんなに種類が多いの?調べてみた。」あれなんだっけ?あれあれ。
  1. 2018/06/04(月) 18:30:00|
  2. Permlink|
  3. ミニ四駆|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

簡易MAフロント提灯車作った

最近ミニ四駆にハマってまして。
本来なら入門編的記事を書くのが先だと思いますが、いきなりどっぷりな話題ですw
入門編はまた今度書こうと思います。


フロント提灯車をはじめて作ってみました。
基本的な構造は、車体前部から補強用のプレートを伸ばし、前輪の後ろあたりでマスダンパーを吊るします。
(ただし、私の作ったものは簡略型で普通と違います。)


ジャンプした際にこの井桁全体が跳ね上がり、ドスンと打ちつけることで車体を地面に貼り付けるわけです。
井桁全体が大きく可動するので接地力が高いとされます。

180106a
180106a
実際に組んでいきます。
プレート(ステー)を鳥居型にネジ止めし、シャーシに固定します。
この際MAシャーシの構造上、止めるネジ穴の位置がタイヤと干渉するので、この部分のステーを切り取ります。
180106a
180106a
180106a




↑狭義のフロント提灯はこの動画のようなものですが、
(長澤さんの動画は分かりやすくて面白い)


180106a
めんどくさいのでこれでいいや。

180106a
ただボディの上に乗せているだけ。
接触面には保護フィルムを貼っています。

180106a
固定部分。
スプリングは意味ないと思いますが、車のサスペンションを模したファッション。

180106a
正面。
サイドのマスダン位置は18年春レギュレーションで。

正統派のフロント提灯は井桁部分にボディをネジ止めしますが、
・フロント提灯向きのボディが限られる
・上手く取り付けないと車高が高くなってダサい
・ミニ四駆オタとしては自分の工作力は高くない(のでめんどくさい)

と悩んでこのような処理に。
デクロスは車高低いし、上に乗せやすい。
・ボディを削る手間が省ける
・可動部である井桁の動きを見せられる(見せたい派)
・井桁が上に来るのでボディの傷付きを防げる

デクロスに限らず、ボディの低い位置に当たるようにステーの形を調整すれば、この付け方はまだやりようがあるなと思いました。
実際走らせて大丈夫そうなら、この方向性でいってみたい。


猫も杓子もフロント提灯という感じで正直なんぼのもんぞと思っていたんですが、ショップレースに出てみて普通のサイドマスダンでは限界を感じました。
AAA chargerとかで追い充電した電池を詰んだマシンがビュンビュン優勝をかっさらっていったんですが、あのスピードで完走出来るセッティングを私は知りません。
真似してみようと思って、ここ数ヶ月ちまちまパーツや工具を集めていました。
フロント提灯にも手を出したし、そろそろビギナーは脱したかなと思いたい。
  1. 2018/04/22(日) 23:29:38|
  2. Permlink|
  3. ミニ四駆|
  4. トラックバック:0|
  5. コメント(-)|
  6. このエントリーを含むはてなブックマーク

PROFILE

  職業ニート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。